通信販売会社 モデルキャスティングとDM用写真撮影

女性モデルを起用した、撮影を行いました。通信販売を行う企業からのご依頼です。顧客に、定期的に送付している、DMに使用する写真の撮影のご依頼でした。DMは、とても効果があるそうで、また、顧客はDMが届くのを楽しみにしているそうです。そのため、期待に応えるよう、クライアント様も、一生懸命になっています。顧客の対象は、中高年層のため、いつもは、中高年のモデルを起用しています。ですが、今回は、販売する商品が、衣服のため、ファッション性を高め、華やかにしたいとのことで、モデルの年齢層を下げ、30代のモデルを起用したいとのご要望です。また、家庭の雰囲気を出すため、ハウススタジオで撮影することになりました。

 

2015_Nov_07

 

 

 

 

 

 

打ち合わせ後は、モデルのキャスティングから開始しました。起用するモデルは、30代?、と、漠然とお考えの様で、しっかりとした、モデルのイメージが出来ていないようでした。そのため、各、モデル事務所に相談をし、20代後半から30代後半と幅広く、そして、イメージが違う、モデルのリストをいただきました。人気企業のため、30名程度のリストが集まりました。オーディションなし、資料のみの選考で、決定しました。

 

モデル決定後、スタジオの選別に取り掛かります。クライアント様は、撮影するイメージはしっかりと持たれています。それが、実現できる、ハウススタジオを探していきます。ある程度、ピックアップをし、クライアント様、カメラマンと一緒に、ロケハンをしました。ロケハンの結果、スタジオを決定しました。

次に、クライアント様、カメラマン、モデル、スタジオのスケジュールを確認し、撮影日を決めました。

 

いよいよ、撮影です。商品は衣料ですが、モデルには、多少、組み合わせる衣装を用意してもらいました。協力的なモデルだったため、多く衣装を持ってきてくれました。クライアントのご担当者、モデル、ヘアメイクが楽しそうに、コーディネートをしています。このクライアント様の撮影は、定期的に対応させて頂いているため、カメラマンも、テンポ良く、撮影を進めています。モデルは30代中頃で、実績は十分です。簡単な確認だけで、撮影に取り組んでいきます。クライアントの方々は、『かわいい!』『きれい!』『最高!』などと声をかけ、撮影を楽しんでいらっしゃいます。雰囲気が良い撮影です。この写真を使用したDMが、お客様に届き、同じ様に感じていただけることを望みます。そして、商品を『欲しい!』と思っていただけると、私たちも嬉しいです。