外国人向けカルチャースクール(茶道、書道) 外国人モデルキャスティング

茶道や書道などの日本の文化を伝える、カルチャースクールから、ご相談をいただきました。この企業は、東京に来る外国人観光客を対象に、日本文化を伝える、カルチャースクールを、新規で展開されるそうです。このように、外国人向けに、新しく事業を展開される企業様が増えており、そのプロモーションのご相談をいただくことがあります。今回のご相談は、WEBサイトやパンフレットに使用する、モデルのキャスティング依頼です。ご要望は、「親しみやすい顔の外国人女性モデル」 「日本文化が好きなモデル」と言うことです。この要望を各モデル事務所に伝え、キャスティングを進めました。20名程度のモデルの資料が集まりました。日本の文化に興味がある、外国人モデルは多いようです。どのモデルにするかは悩みましたが、20代前半で、少し、丸みがあり親しみやすい顔で、髪に色があるモデルを採用することにしました。紙に色があるモデルを起用した理由は、後ろ姿を撮影したり、遠くから撮影しても、外国人と分かりやすいからです。

 

2016_Jan_08

 

 

 

 

 

 

撮影は、教室がある街でのロケと、教室内で、レクチャーを受けているシーンの撮影を行います。まず、明るい時間帯に、ロケを行いました。街を歩きながら、その街の、名所を紹介しているシーンを撮影します。着物を着たモデルが撮影しているのが珍しいのでしょうか?多くの方が集まり、見物しています。集まった方々は楽しそうです。ロケが終わると、教室に戻り、茶道や書道のレクチャーを受けながら、撮影をしました。クライアント様も、モデルも楽しみながら、満足できた撮影でした。