パーティードレスブランド 写真撮影と外国人モデルキャスティング

女性の外国人モデルを起用した撮影を行いました。今回のクライアント様は、パーティードレスのブランドを展開する、アパレルメーカーです。結婚式や、二次会などのパーティードレスということですが、パーティーにこだわらず、日常のおしゃれとしても、着てもらいたいとのお考えです。WEBサイトのリニューアルに伴い、ブランド力を高めるため、しっかりとした、モデルの起用と撮影をしたいとご依頼をいただきました。

 

2015_Nov_28

 

 

 

 

 

 

 

モデルは、20代前半の女性、外国人モデルをご要望されています。協力会社の外国人が所属をしている、モデル事務所に、クライアント様要望を伝え、キャスティングを進めます。10名程度のモデルが集まり、写真選考で、1名のモデルが決定しました。明確なお考えがあったのだと思います。資料提出後、半日もかからず、起用するモデルを決めていただきました。

 

撮影を担当していただくカメラマンは、私たちと多くの撮影に取り組んでいただいている、カメラマンさんにお願いしました。ヘアメイクも必要なため、カメラマンさんが、仕事がしやすいヘアメイクさんに依頼をしました。モデル、カメラマン、ヘアメイクが決まると、撮影日を決めます。撮影に関わる方々のスケジュールを確認、調整し、撮影日を確定しました。

 

通常は、撮影内容のミーティングを行うのですが、ご担当者が展示会等でお忙しく、お会いすることができません。そのため、電話、メールでの打ち合わせになりました。こちら側から、知りたいとこを質問します。撮影する衣装の点数、ご希望の撮影のイメージ、ご希望のメイクやヘアスタイル、必要な小物、撮影する商品の搬入などです。それに対し、ご回答をいただきました。「商品数30点」 「コンセプトにあわせ背景色を3色使用したい」 「ヘアスタイルは3パターン」 プラス、進行表とヘアメイクの参考資料をいただきました。これを撮影に携わる皆さんに共有しました。

 

撮影当日です。カメラマン、ヘアメイクは準備完了です。モデルが到着し、直ぐに、メイクに取り掛かります。私は、デザイナーさんと、撮影する衣装を撮影順に並べ、準備を整えます。また、デザイナーさんとカメラマンは、背景色などの撮影の確認をします。準備が整いました。メイク、ヘアスタイルが出来上がったモデルが登場すると、クラインと様のテンションが上がります。クライアント様の『ブランド』にピッタリのモデルです。撮影がスタートすると、モデルのスキルは非常に高く、また、ブランドのコンセプトを理解しているのか、的確に、ポージングをしていきます。カメラマンも、経験豊富です。その、良い雰囲気を保ちながら、撮影を進めて行きます。所々で、指示をし、モデルをサポートします。レベルが高いもの同士、息が合うと、楽しい撮影になります。デザイナーさんも、納得のOK! です。30着となると、もっと時間がかかり、疲れるのかと思いましたが、皆が、同じものを目指せたため、想像以上の良いテンポで撮影は進みました。30点の撮影が終了し、クライアント様に、撮影したデータをお渡しします。その中から、使用する画像を選んでいただき、修正し納品します。今回の、私たちの仕事はそこまでです。後は、クライアント様側で、WEBサイトにアップされます。どんな、WEBサイトになるか、楽しみです。クライアント様の企業イメージ、ブランド力をアップできた撮影ができたと考えています。