生活雑貨メーカー プロモーションツール用 イメージ撮影

プロモーションツールで使用する、モデルを起用した、イメージ写真撮影のご依頼をいただきました。今回は、生活雑貨を取り扱っているメーカーからです。撮影した画像は、カタログやパンフレット、WEBサイトなどに使用します。

 

2016_May_11

 

 

 

 

 

 

ご依頼いただいた撮影の内容は、女性モデルを起用し、商品の使用感を演出した撮影をして欲しいとのことです。モデルについては、20代~30代の日本人女性、スタジオは、一般家庭の様な雰囲気を希望されています。その他、商品や撮影点数、商品ごとのイメージを伺いました。この情報を基に、撮影チームと打ち合わせを行い、撮影準備を整えます。

 

まず、モデルの手配から進めます。数社のモデル事務所にお声掛けをし、モデルのリストをいただきました。このリストを、クライアントに提出し、モデルの選考を行っていただきました。モデルが決定しました。

 

次に、撮影に使用する、ハウススタジオを選びます。クライアント様のご要望は、家庭の雰囲気が演出できるスタジオ。そして、商品ごとに、使用シーンがあり、和室、ソファー、食卓、キッチン、階段、書斎が必要です。これまでの経験をもとに、条件を満たしたハウススタジオの情報を、クライアント様と共有します。クライアント様と協議をし、ハウススタジオを決定しました。

 

撮影チーム、モデル、スタジオが決まりました。クライアント様のスケジュールを中心に、撮影日を決めます。人気がある、ハウススタジオのため、空きがあまりなく、撮影日を決めるのに苦労しました。

撮影当日は、事前準備と撮影に関わる皆が、情報共有がしっかりと出来ていたため、スムーズに撮影が進みました。私たちが、撮影時に心掛けているのが、事前準備と情報の共有です。これがしっかりできていると、クオリティーが高い撮影ができます。そして、余裕があると、楽しい撮影になります。私たちの手際が良い進行と、撮影に取り組む一体感に、クライアント様は驚かれていました。撮影終了後、使用する写真を選んでいただき、それを修正し、納品です。ご満足いただけた撮影を行うことが出来ました。